top of page
  • 執筆者の写真TackM

リゾネイター・コーンのお話 2

更新日:2022年1月6日

シガーボックス ・ウクレレに使える金属製のリゾネイターを色々と探しているのですが、とりあえず集まったものを並べてみました。


写真の真ん中にある大きいのはシガーボックス 用ではなくドブロギター用の Beard というブランドのものでアメリカ製です。この中で一番大きいのですが、素材はアルミニウムで一番薄くて軽いです。とても良い音がします。


その上にあるのが今回入手した The Hubcap 6.25” 、その右下のひとまわり小さいのが The Hubcap 5” というやつで鉄製です。アメリカ製ですが、なんとペンキ缶の蓋を絞ったものです。


見た目が自動車のハブキャップに似ているということでこう呼んでいるようですが、アメリカでは本当に古い車のハブキャップをリゾネイターにしているシガーボックス ・ギターなんかもあります。次はこれを試してみたいと思っています。


その下が前にも書きましたアルミ製の Lightning 5.5” です。生産終了で最後の1枚になっています。アルミ製ですが上の The Hubcap に比べて少し厚みがあります。ウクレレのナイロン弦にも使えました。


その下が DogBowl 6” 、犬用のお皿をひっくり返して使います。ステンレス製ですがメーカー(というか製造国)によって微妙に厚みが違います。これはスチール弦用でしか作ったことがないのでナイロン弦のウクレレに向いているかどうかは今のところ確証がありません。


その左上がひとまわり大きな DogBowl 8” なんですが、バリトンサイズのウクレレで使えるかな? やはりスチール弦がいいかな? と思案しながら3年ぐらい放置していました。


最後にその上が、ダイソーで売っている鍋の蓋です。アメリカではこの手の蓋類やペンキ缶の蓋などをそのままリゾネイターに使うケースも多いですね。前出の The Hubcap はそのペンキ缶の蓋を絞って張りのある形にしているのですが、そのままの平らな蓋よりも響きが良くなったということです。

さあ、どこから手をつけましょうかね、やっぱり The Hubcap ですかね・・・


リゾネイターコーン各種

閲覧数:47回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page